• リンク集
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
お問い合わせ

イクタツの歴史

平成27年 創業100周年
平成27年4月 榎本敏章前社長 代表取締役会長に就任
榎本隆治前副社長 代表取締役社長に就任
平成23年10月 資本金10,000万円に減資
平成21年6月 ISO9001:2008取得
平成19年5月 HACCP認証取得  米飯工場 炊飯ライン
平成18年11月 新米飯工場稼動
平成15年5月 ISO9001移行
平成13年7月 イクタツ物流ステーション稼動
平成12年5月 ISO9002取得
平成10年5月 (株)イクタツ炊飯センター吸収合併資本金41,114万円。
平成8年5月 (株)生辰フーズ吸収合併資本金41,090万円。
平成7年7月 資本金40,500万円に増資。
平成5年11月 本部物流センター完成。本店、東京支店を統合。
平成2年11月 イクタツ・ライスステーション完成。
(本機435馬力の最新鋭大型精米工場)
平成元年12月 米穀卸売業許可取得。
昭和63年9月 資本金20,250万円に増資。
昭和62年11月 千葉炊飯センターオープン。
昭和58年3月 プラザイクタツ新装オープン。
昭和56年2月 資本金13,500万円に増資。
昭和56年 日清製粉(株)特約店となる。
昭和55年 資本金9,000万円に増資。
昭和54年 アサヒビール(株)特約店となる。
昭和53年 千葉市花見川区犢橋町に食糧庁指定の米穀低温倉庫建設。
昭和52年 資本金6,000万円に増資。
昭和49年 国の助成を受け、本機225馬力の大型精米工場完成。
昭和47年 資本金4,500万円、社名を株式会社イクタツに改称。
昭和45年 資本金3,000万円、社名イクタツ商事株式会社に改称。
昭和44年 酒類販売免許を取得して販売開始。
昭和43年 食糧庁指定米穀常温倉庫を建設、資本金2,000万円に増資。
昭和38年 資本金1,000万円に増資。
昭和37年 食糧庁モデル工場第1号の指定を受け東京で初めての大型精米工場
(本機50馬力)を建設、米穀販売の強化を図る。
昭和36年 事業発展に伴い資本金500万円に増資、
社名をイクタツ米穀商事株式会社に改称。
昭和27年 麦類、小麦粉等の卸売業を開始。
事業拡張のため生辰米穀株式会社を設立、資本金250万円、
東京穀物商品取引所会員となる。
昭和26年 昭和16年以来統制のため休業していた米穀店を民営移行と同時に
榎本安治が取締役社長に就任し再開。
大正4年 榎本辰次郎により生田屋米穀店開業